詐欺に合うかもしれないクレジットカードの現金化とは?

近年、カードローンやクレジットカードのキャッシング契約が難しい方が、現金を確保するためショッピング枠の現金化を行う場合があります。
クレジットカードの現金化については、非常に個人情報の保護といった点やサービスを提供する側の信頼性が非常に気になると考えます。

そこで、どのような現金化業者を利用することで詐欺にあう危険性が高いのか照会します。

現金化業者の住所や代表者氏名はしっかり確認。電話番号はアテにはならない

安全かチェックする

先ず、現金化業者が一貫して同じ住所や代表者名で営業を行っているかは、非常に重要なポイントとなります。

インターネット検索で同じ現金化業者を検索した場合、異る住所や代表者が会社概要に記載されていることがあります。特に住所を検索した結果、レンタルオフィスや賃貸物件を転々としている可能性があれば利用を避けるべきです。

また、電話番号が記載されていたとしても、今では電話加入権がインターネットオークションで販売されているなど、意図も簡単に回線契約が可能です。さらに、フリーダイヤルについても同様であり、詐欺の危険性は排除出来ません。

クレジットカード情報を聞いてくる現金化業者は非常に危険!

ショッピング枠の現金化を行う際に圧倒的に多いのが、商品買取型のサービスです。

特にギフト券など現金と同様の取扱がされるものについては、安定した買取金額となることや利用者の秘匿性が高いとも言えます。しかし、中には自身の業者自体が運営するショッピングサイトで架空の商品を購入させることやクレジットカード情報を要求してくる場合があります。

実は、この2つの方法はクレジットカードの情報が相手悪用される可能性があり、現金が銀行口座に振り込まれないことや高額な支払い請求を行ったりします。さらにこのような場合、クレジットカードの利用停止のため、クレジットカード会社へ手続きを行う必要があります。

ただし、問題はクレジットカードのショッピング枠現金化は利用規約違反となるため、『現金化サイトで詐欺にあった』、『カード情報を抜き取られた』ということは現金です。

詐欺による二次被害は、しっかりとした注意が必要です。

怖いクレカ現金化